八丁味噌を愛した著名人

まさおか
正岡家

(正岡子規)
本名は常規(つねのり)。
1867年(慶応3年)~1902年(明治35年)
愛媛県松山市出身。俳人。歌人。

俳句雑誌「ホトトギス」を主宰。後に「アララギ」となる根岸短歌会を主催。

夏目漱石、秋山真之、伊藤左千夫、長塚節、高浜虚子、与謝野鉄幹、森鷗外、島崎藤村等と親交がありました。

歌集「竹乃里歌」、日記「仰臥漫録」、随筆「病牀六尺」等多くの著書があります。

子規没後も子規庵には母と妹が居住され、引き続き句会、歌会の世話をし子規の友人達と親交を深めました。

当社史料室に子規没後の明治時代、大正時代にお客様の御用命により子規庵に味噌をお送りした記録が残っています。宛先は東京市下谷区上根岸町(現在の東京都台東区)。

※子規庵・・・正岡子規の終生の住居となった場所。

PDFで詳しくみる