天然醸造にこだわる
天然醸造

 木桶に仕込んだ八丁味噌は、ここ八帖町(旧・八丁村)の気候風土の中で二夏二冬(2年以上)じっくり長期熟成をさせています。

 近年は、ステンレス等のタンクに仕込み、人為的に加温して熟成を早める「速醸(そくじょう)」という製法で、数か月という短時間で味噌を作ることが可能となっておりますが、当社カクキューでは江戸時代初期からの伝統製法を守り、木桶仕込み・天然醸造を守り続けています。
 天然醸造は熟成に長い年月を要しますが、2つの夏と2つの冬を越すことにより、奥深い味わいが生まれます。

カクキューの技術