八丁味噌を愛した著名人

おづやすじろう
小津安二郎

1903年(明治36年)~1963年(昭和38年)
東京都出身。映画監督(日本映画の巨匠)。

代表作品「晩春」「麦秋」「東京物語」「小早川家の秋」

1953年(昭和28年)の作品「東京物語」は2012年(平成24年)に世界の映画監督達が投票で決めた、「世界で最も優れた映画50選」で第1位に選ばれました。

当社史料室には昭和20年代に御本人から神奈川県鎌倉市の自宅宛に味噌の注文を頂いた記録が残っています。

郷里で子育てしたいとの父親の教育方針で思春期を三重県松阪市で過ごしました。この体験がその後の人生に大きく影響しました。

PDFで詳しくみる