八丁味噌を愛した著名人

たかべやふくへい
鷹部屋福平

1893年(明治26年)~1975年(昭和50年)
愛知県岡崎市出身。工学博士。構造力学の権威者。
1964年(昭和39年)岡崎市名誉市民。

専門分野では、橋梁学、構造学などの力学に関する著書、論文が多く、大正13年に完成した当社の大井戸の設計者です。

専門分野ばかりでなく、テニス、アイヌ文化研究、随筆、絵画にも造詣が深く、絵画は旧岡崎藩士で画家であった父の才能を受け継ぎ多くの作品を残しています。

当社史料室には昭和時代にお客様の御用命により自宅宛に味噌をお送りした記録が残っています。自宅は札幌市。又、御本人から頂いた年賀状も残っています。

1963年(昭和38年)に土木学会名誉員に推挙され、首都高速道路公団委員として「東京オリンピック」道路の建設に尽力されました。

来年2020年(令和2年)にオリンピックが東京で開催されます。

PDFで詳しくみる