八丁味噌を愛した著名人

おかもとれいか
岡本霊華

1883年(明治16年)~1928年(昭和3年)
愛知県出身。小説家。俳人。

明治時代に自然主義的作品を多数発表し、明治文壇の異才と言われました。

小栗風葉の門下生。徳田秋聲と風葉が尾崎紅葉門下の兄弟弟子で仲が良かった事から、霊華も秋聲と親交がありました。下積み時代の霊華が秋聲の代表作を手掛けた事でも知られています。

2010年(平成22年)に徳田秋聲記念館(石川県金沢市)で岡本霊華の全国初の単独展が開催されました。

当社史料室には1927年(昭和2年)にお客様の御用命により霊華の療養先に味噌をお送りした記録が残っています。宛先は愛知県知多郡野間。

PDFで詳しくみる