八丁味噌を愛した著名人

にわふみお
丹羽文雄

1904年(明治37年)~2005年(平成17年)
三重県出身。小説家。

1977年(昭和52年)文化勲章受章。文化功労者。

住職の長男に生まれ僧侶となりましたが、生母をモデルとした「鮎」が文壇で注目され作家生活に入りました。「親鸞」「蓮如」等、宗教者を描いた作品も多く残しました。

同人雑誌「文学者」を私費で支え瀬戸内寂聴、新田次郎ら後進の育成に尽力しました。

ゴルフを愛した人として知られ文壇にゴルフを広めました。

当社史料室には昭和時代にお客様の御用命により、自宅宛に味噌をお送りした記録が残っています。自宅は東京都武蔵野市。

又、明治、大正時代の注文書や振込記録も残されています。

「丹羽文雄記念館パンフレット」(提供:四日市市立博物館)

PDFで詳しくみる